トルコの四方山

FXによる取引を行う場合、重要になるのはどこの国の通貨を購入するのか、ということです。基本的には「今後上がると期待される通貨」に対して投資を行うのがFXでの利益の出し方です。(ショート取引の場合には下がる通貨で利益を挙げることも可能ですが、リスクが高いためにあまり推奨出来るものでは有りません)

ここではそんな通貨の一つとして、トルコリラについて紹介します。トルコリラは現トルコの通貨であり、高いレート相場で取引が行われています。一時期は通貨危機に陥ったこともあったものの、デノミネーション後は安定しており、経済も上向きになってきました。そのため、今後はさらに状況が良くなっていき、利益を挙げてくれることが期待されています。

トルコリラについては、下記サイトにも詳しく紹介されています。トルコリラfx.netではFXの基本的な情報やトルコリラの基本的情報が紹介されており、FXの初心者にとっても分かりやすい内容となっています。

特に見ておきたいのが「トルコリラ円の動向」についてです。今後どのように動くのかを見極めて投資先の通貨を選ぶことがFXで成功するために欠かせません。トルコリラ以外の通貨とあわせて検討する必要があります。

Von , am 25. 9月 2015 um 0:00, keine Kommentare

トルコという国について、詳しい情報を知っている人はそれほど多くはないでしょう。そこでここでは、トルコという国について主に産業の側面から紹介します。トルコの産業を支えているのは「工業」「商業」「農業」の3つです。この内でも特に多くの人口が従事しているのが農業で、人口の40%程が農業に従事しているというのが特徴となっています。昨今では軽工業を中心に産業分野も伸びてきている他、重工業の開発も増えてきています。工業関連が伸びているのはマルマラ海沿岸で、海路を利用した輸出が行われています。

農業は人口の40%が従事する仕事でありながら、GDP比率は全体の15%程度に落ち着いています。そのため、農業従事者は比較的貧しい生活を送っているということが分かります。この問題の背景となっているのがトルコで行われている伝統的な大農業形式による農業方法であり末端に利益が行き届きにくくなっています。

重工業としては長らく鉄鋼やコンクリートなどの素材分野に於ける輸出が盛んに行われてきました。昨今では自動車生産に力を入れるようになっており、外資によるサポートもあって大きな産業の一つとして成長を遂げつつある、期待が持たれる分野です。

Von , am 24. 9月 2015 um 0:00, keine Kommentare

かつてエルトゥールル号の救出や、ハイジャックの際の救出などによって親交を深めてきた国であるのがトルコです。トルコの側からは日本のことを知っている人が多いものの、日本人はあまりトルコのことを知らないという人も多いのではないでしょうか。まず、トルコの首都について紹介します。

トルコの首都というと、イスタンブールを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。トルコで最も有名な都市であるため、首都だと勘違いされていますが、実は首都ではありません。トルコの首都はアンカラという都市です。アンカラとイスタンブールの間にはアンカライスタンブル高速線という鉄道が走っているため、アクセスとしては優れた環境にあります。ただし、距離としては530キロ近く離れており、決して近くに有るとはいえません。

アンカラは首都でありながら人口は500万人程で、対してイスタンブールは1200万人程となっています。人数にして二倍近くの人が生活している都市であるイスタンブールとの直結により、首都アンカラでもより商業的、経済的な成長が見込まれるようになっています。この鉄道はまだ全線が開通している状態ではなく、さらにアクセスの向上が期待されます。

Von , am 22. 9月 2015 um 0:00, keine Kommentare

FXなどの通貨取引において注目を集める通貨の一つであるのが「トルコリラ」です。トルコ共和国の通貨の一つであり、補助通貨としてクルシュが存在しています。1トルコリラ=100クルシュで取り扱われています。さて、そんなトルコリラという通貨が、何故よく通貨取引の対象となるのでしょうか。大きなポイントであるのが「金利の高さ」にあります。

資産運用の方法の一つである外貨預金を行う場合、金利が高い国に預けることが重要になります。日本国内の銀行金利は非常に低く、高くても0.1%という有り様です。これでは預けていても増えていることを実感できず、資産運用としての効果は極めて低いと言わざるを得ません。それでは、トルコの金利はどの程度なのでしょうか。

トルコでは政策金利として7.5%という金利が設定されています。1万円預ければ一ヶ月で750円もの利益が発生するわけです。この金利は中東地方に於いては2015年現在最も高い数値であり、複利で預ければより大きな利益を長期間に渡って得ることが出来ると言えます。

ただし、金利が高いということはそれだけ安定性が低い通貨であるという意味でもあります。トルコが国際情勢的に厳しい環境にあることは考慮しなければなりません。

Von , am 13. 9月 2015 um 0:00, keine Kommentare

世界3大料理を3つとも上げることができるでしょうか。2つは「フランス料理」と「中華料理」で、なんとなく納得が行く人も多いでしょう。ただ、3つ目である「トルコ料理」についてはあまりピンと来ない人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、世界3大料理にも数えられるトルコ料理と、トルコの食文化について紹介します。

トルコ料理といえばよく知られているのが「ドネルケバブ」でしょう。吊るした羊肉を回転させながら焼き、大型のナイフでそぎ落として食べるという方式です。日本では羊肉があまりメジャーではないため、牛肉で代用することも有ります。パンに挟んだり、サラダに添えたりというような食べ方をすることが多いでしょう。

この他にも、マンティなどの羊料理があります。トルコは全体的に羊肉を好む国であるため、北海道の人であれば味覚がマッチするかもしれません。これはイスラム教国であるために牛肉を食べられないことが大きく関係しています。

ただ、イスラム教国でありながら飲酒については特に制限が行われていません。もう一つ大きな食文化としてコーヒーもあります。水から煮立てて上澄みだけを飲むという日本ではあまり馴染みのない方法で嗜みます。

Von , am 11. 9月 2015 um 0:00, keine Kommentare